銀行カードローンでおまとめをする

後々に支払う利息を軽減したいのであれば銀行カードローンでおまとめをすると金利が下がります。
銀行カードローンは貸金業ではなく総量規制の対象ではありません。
そのため、おまとめローンおすすめとしての専用商品はありませんが銀行カードローンの資金使途は事業性のある融資以外は自由となっています。
もちろんおまとめローンとしても利用することができ、それは各銀行の公式ホームページでも記載されています。
ただし通常のカードローンの利用範囲内となるため、借り入れ件数が大きくなればそれだけ審査が厳しくなることは仕方がないことです。
銀行カードローンの場合、他社からの借り入れが3社以上となるときには審査が厳しくなる傾向があります。
現在ある借り入れ金額を融資限度額の範囲内でまとめてから審査に臨むなどの準備が必要です。
消費者金融のおまとめローンとの大きな違いは、自由度があるということです。
例えば融資限度額、こちらも消費者金融であれば他社からの借り入れ金額の合計がそのまま融資限度額として決められます。
そのため追加融資は一切できずに返済をしていくだけのローンです。
借金との決別、それが大きなポイントになるでしょう。
一方で銀行カードローンはおまとめローンではないために融資限度額が決められます。
今お使いのカードローンと変わりがありません。
もちろん融資限度額は審査によって決められその金額で他社への完済をすることができます。
返済をするとそこに借り入れ余裕額が発生します。
追加融資が自由にできる、それが銀行カードローンです。
自由道があるだけに現状の借金を完済したいためのおまとめローンをしておきながら借り入れが続き完済が遠のくことも考えられます。
しっかりと計画を強い意志を持たなくてはなりません。
返済も自由が利きます。
消費者金融おまとめローンでは返済が月に一度の口座引き落としとなりますが、銀行カードローンであればそれ以外にも銀行ATMや提携ATMからの追加返済をすることも自由です。
金利が低く、利息を抑えることができるため月に一度の返済以外にもATMなどを使って積極的に返済をしていくことで大きく利息を軽減することができます。
同じ返済額の用意でも利息の支払いを抑えることができれば元金充当率が上がります。
返済を大きく進めていくことができる特徴があります。
銀行カードローンの場合には、メガバンクやインターネット専業銀行ばかりではなく地方銀行にも注目をしていきましょう。
全国展開をしている大手銀行よりも、お住まいの地域にある地方銀行の方がはるかに好条件だったということは少なくはありません。
給与振り込みに指定している、公共料金の口座引き落としに使っている、住宅ローンを利用しているなど、その銀行でほかのサービスや商品を利用しているときには金利引き下げの条件になっていることもあります。
今こそ借金と向き合う大事な時です。
今以上に好条件のおまとめができるのであればそれに越したことはありません。

銀行おまとめローンの主な内容

今回は、オリックス銀行を例に「銀行のおまとめローン」について、詳しく見て行くことにしましょう。オリックス銀行のローンは、おまとめや借り換えを希望する方から人気のある商品となっています。
ただ、オリックス銀行では「おまとめローン」や「貸金業法に基づく借り換えローン」という名称で貸付けは行っていません。通常のフリーローンとして「オリックス銀行カードローン」の融資を実施しています。それでは、なぜオリックス銀行のカードローンはおまとめに最適な商品として人気を集めているのでしょうか? その答えは、オリックス銀行カードローンの商品特徴に現れています。
【オリックス銀行カードローンの商品内容】
貸付け限度額:10万円単位、最高800万円まで
貸出金額:1,000円から
実質年率:年3.0?17.8%(利用可能額によって利率が決定)
貸付け条件:日本国内に在住し、満20歳以上、65歳以下で年収200万円以上の条件を満たす方。外国籍を持つ方の場合は、日本における永住権を持っている方、または特別永住者として認定された方。
このように、オリックス銀行の金利は、最低3.0%からと「業界最低水準の低金利ローン」となっています。ここまで低い金利が設定されると、大きな金額で借り換えをしても負担を感じることなく、完済までこぎ着けることができるでしょう……。
また、オリックス銀行のローンは、1,000円単位で細かな借入ができるのが特徴となっています。(他社)カードローンの中には、1万円単位で貸し付けるところもあるのですが、オリックス銀行のように小さな金額から借入ができれば、返済計画が無駄なく立てられるので便利です。
ただし、オリックス銀行のローンを申し込む場合、若干注意したいことがあります。それは「利息の計算」と貸付け条件に関する事柄です。オリックス銀行カードローンの利率は、審査で出た限度額によって変動します。
例えば、700万円以上の限度額が出た方は、年3.0?4.8%の金利が設定されます。反対に、100万円未満の利用には、12.0?17.8%の利息が設定されるのです。オリックス銀行で利息を低く抑えるには、利用限度額を高くする必要があるでしょう。
もちろん、銀行のローンなので年収の制限(総量規制)などはありませんが、700?800万円の利用枠を得るには、約1,500万円?2,000万円以上の年収が求められるでしょう。こうした理由から、3.0%の金利が設定されるのは一部の人に限られることが良く分かります……。
もう一点、オリックス銀行の貸付けには「年収200万円以上」という収入条件が設けられています。この数字をクリアすれば、自営者の方や派遣社員の方でも利用できるのですが(反対に)この数字をこえなければ、オリックス銀行のカードローンに申し込むことはできません。
以上の二点さえクリアできれば、低金利で使いやすい商品「オリックス銀行カードローン」を誰もが利用可能です。条件に合う方は、ぜひ「おまとめ目的での利用」を検討してみてください。